<< 寒さ復活 | main | 帰ってきたよ >>
地震の後
0
     3月11日
    丁度メールチェックなどすませ
    アトリエで 大物のオブジェの制作にとりかかっていました
    茨城は 地震がもともと多く 今回も
    『また きたきた』 といつもの小さな揺れかと思っていたら
    横揺れのあとは 縦にガンガン揺れ始め
    棚板の作品が がたがた はね始め 
    いろんなものが一気に揺れに耐えきれず
    倒れて来たり 降り始めた、、、、なにをたすければ
    手に抱えてたのは 作りかけの大物コリトサウルス
    粘土版にのせたまま アトリエをでた

    けれどどんどん崩れていく作品を少しでも助けようと
    何度も手板にのせて運んだり 試みたけど
    あまりの地震の揺れで なす術もなく 
    子供達を安全に守るために
    アトリエはあきらめた
    お兄ちゃんは 「お母さんアトリエ入るのもうやめないと危ないよ」
    と子供の方が冷静で はっと気づかされた
    その日は 暖かくストーブに火を入れてなかったのが救いだ
    なんと 煙突ごと倒れてしまってたから

    停電で津波の状況も解らず はじめて映像でみたときは
    涙がとまらず 自然の驚異に命を奪われていった人たち
    自分のやってたことが 愚かに思えてならなかった


    あれから 10日 余震も収まらない茨城
    ガソリンや灯油も手にはいらない状況が続き
    原発問題も 終息しない、、、、
    一時 子供を連れて 実家へ 九州です
    (妊婦なので 何かあってからは子供3人かかえて
    身動きができないので)

    作品はまたいつでも 私が元気であればつくれるし
    今なくしたものより 子供の安全と 
    楽しんで制作できて 皆さんにパワーを与えられる
    状況を 取り戻してから スタートしたいとおもってます
    今は これ以上の犠牲者がふえず 原発の一早い終息を
    願ってます

    カテゴリ:- | 11:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    misaoさん こんにちは
    気にかけていたのですが、実家に戻られていたのですね。
    ご無事で何よりです。
    妊娠中でお子さんも小さいのですから
    そちらでゆっくりと身体を休めて出産に備えてください。
    素敵な作品を見せてくれる日を楽しみに待っていますよ。

    我が家も家族全員無事です。
    こちらは地震の走り道でなかったのか?
    商品や家財道具に被害らしい被害も無く、
    食器棚のグラスや飾り棚の小物が落ちて割れた程度で済みました。
    ガソリンや食料品も戻ってきて、
    少しずつ日常も戻ってきましたよ。
    | 小林人形店 | 2011/03/27 10:17 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tamaranya.com/trackback/1299448
    トラックバック