<< 7月7日と28日に銀座いってます | main | 銀座の展示 ありがとうございました >>
働き者のきりんくん
0
     今7月中の展示中のため なかなか予定が立たない私ですが 突然トミー(旦那)が帰ってくることになって 七夕なのでちょっと後ろ髪を引かれながらも 銀座に行くことにしました

    朝から梅雨明けのお日様ガンガンてって 
    子供達の合気道の朝練から帰ってくるともう家は猛暑
    けれども コソコソ用意して チビに気づかれないように家をでました
    ここ岩間常磐線は 一時間に2本 でも上野まで直行なので乗ってれば東京です
    駅でホームの階段を下りた瞬間 サンダルのストラップが切れ
    『やば〜い』『これで東京までは無理、けど帰ってチビに捕まってまた出づらくなるしな〜』
    そうだ! ☎でこっそり長男キリンを呼び出し 替えの靴を指定して持って来てもらうことに
    電車はもうあと数分後 あきらめ半分で駅前にでると
    颯爽と自転車をこいで靴をデリバリーしてくれた
    履き替えかごに用なしサンダルを投げ込んで もうホームに入ろうとする電車が、、、、、
    ダッシュ階段何段とばし 肩で息きって 乗り込んだ車内はスマホに釘漬け人間ばかり
    流れる車窓を眺め キリン君に感謝 
    いつもわたしのおちょこちょいをカバーしてくれるので ここまでやってこれているんです
    途中なんども☎が入るので 乗り換え時電話すると「たかが(ちび)が泣くからたまにでんわしてあげて」と その脇で「お母さんいつかえるの〜?」っと次男のときが騒いでる
    まだ現場ついてないし これ以上かまうと甘えるので「自分たちで一日楽しくやっててね」と優しく突き放して 帰るまで電話はかけませんでした
    4人も抱えて 制作して家事やって 子供の相手して絶対無理 それもやっぱり長男キリンが兄弟の面倒見がいいから信頼して任せてる (搬入のときの子供達東京駅にいって時間つぶしててくれました)
     昼過ぎにつきましたが すでに何人か先にみえてたようで会えなかった方ごめんなさい
    いつもひまつりに見に来てくれる方のなかでも コアなアフリカ好きのご夫婦は今回火祭りに間に合わなかった アフリカつれづれ日記のドローイングカップをゲットしてくれました
    早速その晩写真をFacebookで送ってくれたので


    炭化のかかった 乾いた大地が漂ういい感じのカップでした
    また ペアなんで こうして二人でビールで乾杯してくれると すごくうれしい

    その後もお子さん連れで来てくれて じっくり心行くまで堪能しっててくれ
    かわいいらんちゅうとドジョウ ハリネズミをお持ち帰り 今度写真まってま〜す 
    (もし皆さんよろしければ 写真おくってくださいね raumisao@yahoo.co.jp まで)
    帰りおなかもすいて 横道に渋い看板が「とりぎん」駅に急いでいた足がついついそちらに
    結局 鳥釜飯といっぱい引っ掛けて(常磐線のディープなおじさん達は上野で一杯ですが)
    いい気分で列車に揺られて帰りました 
    家の中はすっきりきれいに片付いて 扇風機がぐるぐる回ってました
    私がガミガミいってなくても意外といない方がしっかりやるんだな〜っと
    その晩 はまってるウィンブルドンの決勝戦で皆寝静まっても独りあつくなり
    終わってから しみじみ うちの子もマレー(ウィンブルドンの勝者)みたいにたくましくてかっこいいー青年になりますようにと 七夕の星空にお願いしました
    その日の晩酌のカップは 『お兄ちゃんと遊ぼう』マイカップです


    カテゴリ:- | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tamaranya.com/trackback/1299481
    トラックバック